>> Publications, » » » Essay etc. 


2001.10.04 じゃらん ガイド京都:四季と戯れる粋人たちが語る京都の花鳥風月12カ月


2001年10月4日

 

観光ガイドブック「じゃらん ガイド京都 2001-2002」p.16~

「四季と戯れる粋人たちが語る 古都の花鳥風月十二ヶ月」の “春” 。

今も昔も、日本人は桜に惹かれ、愛でる。
しかし、桜が最も理想的な場所、シチュエーションで
咲き乱れる姿を目の当たりにした人は、
この世に何人いるだろうか。
京都嵯峨芸術大学の大森正夫さんは、膨大なデータをもとに桜を楽しめる最も京都的な条件を発見。
答えはここに、哲学の道の春。